『ワタシが一戸建てに住むまで』~その3 ハウスメーカー選び~

マーケティング基礎

2019.02.15

古川 悠作

マーケター古川 悠作

こんにち。古川です。

前回は、“②土地選び”をテーマにお話をさせていただきました。
皆さんいかがでしたでしょうか。

『ワタシが一戸建てに住むまで』~その2



土地選びって、探す側も情報提供する側もかなり大変ですよね。
さて、今回のテーマは“ハウスメーカー選び”についてお話をしたいと思います。

ハウスメーカー選びって、人によって本当にさまざまだと思います。

例えば、、、
・親が資金援助してくれるから、親のススメでA社で建てました。
・知り合い・友達の○○さんの家を見て、B社で建てました。
・主人も私もアウトドアが好きなので、最初からC社に決めていました。


これはごく一部ですが、皆さんも何となくイメージすることができると思います。
では実際に、自分達がどのようにハウスメーカーを選んだのかというと・・・。

住宅の専門誌を見たり、住宅専門のポータルサイトを見たわけではなく、
(正直、情報が多すぎて選べる自信もありませんでした)

まずは、自分たちの周りで最近家を建てた友人・友達や奥さんのママ友の話を聞き、
実際に遊びに行かせてもらい、自分たちが気になることを聞かせてもらいました。

やはり、経験者の情報が一番安心できて信頼できるため、
ハウスメーカー選びで良かったこと、成功したことはもちろん、

・こうすれば良かった、ここが失敗した
・あそこの会社の営業マンは親切丁寧、あの会社はトラブルが多かった
・プランナーが親身になって相談に乗ってくれた
・あの会社のあの内装やデザインがすごくオシャレ!
・営業マンにおだてられて、いつの間にか、あれもこれもプラスで最終見積が大変なことになっちゃった
・自分たちのわがままを実現しようと必死になってくれたのは、○○○○ホームだった

などなど、いろいろな話を聞くことができ、すごく参考になりました。

私たちにとってハウスメーカーを選ぶ上で、
失敗はしたくないというのはもちろん大事でしたが、
実は1番のこだわりは「奥さんの悩み解消」でした!

奥さんは元々極度の冷え性で、
奥さんの実家でもこれまで住んできたアパートでも、
冬場になると必ずって言っていいほど、冷え性がひどくなり霜焼けになってしまい、
いつもすごく痛い思いをしていてかわいそうでした。

そんな奥さんの悩みを解消したくて、
“寒い時季でも暖かく過ごせる家”がハウスメーカーを選ぶ最後の決め手でした。

奥さんのために自分なり住宅専門誌やWebを使って、

・床暖房、全館空調、高気密高断熱などの機能面
・初期費用、ランニングコスト、メンテナンスなどのコスト用

いろいろな角度で調べられるだけ調べました。

その上で、いくつかハウスメーカーを選び、
総合展示場、相談カウンター、ハウスメーカーに直接電話して出向き、
自分たちが調べたこと、わからなかったことを質問し、ハウスメーカーを絞っていきました。

結果…2社まで絞りましたが、
機能面、費用面なども含め、総合的に2社には大差はなく、
最終の決め手は営業マンが熱心・親切で細やかな対応がポイントでした。

冒頭にもお話をしましたが、
ハウスメーカー選びのポイントは人それぞれですが、
自分たちのこだわり・夢に近づけられるかが重要になってくると思います。

まずは家族で目指すゴールを明確にすることが重要になりますね。
ハウスメーカー側もこの“ゴール”をあらかじめWebや誌面などの広告面に
明確に訴求することが、より重要になってくるかと思います。

今回は、ハウスメーカー選びのことを紹介させていただきました。
次回は住宅ローンについてお話させていただきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

SNS SHARE