[BR] [/TEXT_MS] [TEXT_MS] そのような背景もあって、最近ではキャッシュレスサービスが乱立状態にあります。[BR] キャッシュレスサービスは大きく以下の3つに括れると思います。[BR] ①クレジットカード系[BR] JCB、VISA、NICOS、MASTER、OMC、セゾン、LIFE、UFJ等[BR] ②電子マネー系[BR] nanaco、SUICA、PASMO、WAON等[BR] ③QR決済端末系[BR] PAYPAY、ORIGAMIPAY、アップルPAY、AMAZONPAY、楽天PAY、dポイント[BR] [BR]*③のQR決済の登場で、旧来の高額商品は①クレジットカード決済、少額商品(日常品、買回品)案件は電子マネー系と棲み分け出来ていた生態が新勢力の出現でシェア獲得に向けて戦国時代の様相を呈してきました。[BR] [BR]*各社大々的にプロモーション展開を行っています。(ユーザー獲得施策)[BR] PAYPAY・・・100億円キャンペーン[BR] LINE PAY・・・20%還元(ファミマ限定)[BR] dポイント・・・スーパーチャンスポイント50倍[BR] 楽天PAY・・・最大800ポイントプレゼント[BR] [BR] ユーザーを増やす為には使用できる場所も増やさなければなりません。[BR] 店舗様のレジ横争奪戦が展開されるでしょう。[BR] この中のどこが残るのか、それとも共存するのか(マルチ端末複合処理)興味深いですね。[BR] 皆さんはいずれかに決め打ちして導入されますか?[BR] それとも様々な端末を処理できる複合端末を導入しますか?[BR] 一定の方向感でるまで静観しますか?[BR] 決済手段が多種になり且つ楽になれば消費者の購買阻害要因軽減につながるでしょう。[BR] QRを読み取るだけで決済が済めば、この人材難の時代に工数削減にもつながります。[BR] 時流を読み、向き合う力が求められそうです。[BR] こちらの件は引き続き注視して、改めてレポートさせて頂きます。最後までにお読み頂きありがとうございます。"> [BR] [/TEXT_MS] [TEXT_MS] そのような背景もあって、最近ではキャッシュレスサービスが乱立状態にあります。[BR] キャッシュレスサービスは大きく以下の3つに括れると思います。[BR] ①クレジットカード系[BR] JCB、VISA、NICOS、MASTER、OMC、セゾン、LIFE、UFJ等[BR] ②電子マネー系[BR] nanaco、SUICA、PASMO、WAON等[BR] ③QR決済端末系[BR] PAYPAY、ORIGAMIPAY、アップルPAY、AMAZONPAY、楽天PAY、dポイント[BR] [BR]*③のQR決済の登場で、旧来の高額商品は①クレジットカード決済、少額商品(日常品、買回品)案件は電子マネー系と棲み分け出来ていた生態が新勢力の出現でシェア獲得に向けて戦国時代の様相を呈してきました。[BR] [BR]*各社大々的にプロモーション展開を行っています。(ユーザー獲得施策)[BR] PAYPAY・・・100億円キャンペーン[BR] LINE PAY・・・20%還元(ファミマ限定)[BR] dポイント・・・スーパーチャンスポイント50倍[BR] 楽天PAY・・・最大800ポイントプレゼント[BR] [BR] ユーザーを増やす為には使用できる場所も増やさなければなりません。[BR] 店舗様のレジ横争奪戦が展開されるでしょう。[BR] この中のどこが残るのか、それとも共存するのか(マルチ端末複合処理)興味深いですね。[BR] 皆さんはいずれかに決め打ちして導入されますか?[BR] それとも様々な端末を処理できる複合端末を導入しますか?[BR] 一定の方向感でるまで静観しますか?[BR] 決済手段が多種になり且つ楽になれば消費者の購買阻害要因軽減につながるでしょう。[BR] QRを読み取るだけで決済が済めば、この人材難の時代に工数削減にもつながります。[BR] 時流を読み、向き合う力が求められそうです。[BR] こちらの件は引き続き注視して、改めてレポートさせて頂きます。最後までにお読み頂きありがとうございます。">

できてる?静岡県のインバウンド対策(キャッシュレス編)。

マーケティング基礎

2019.03.11

坂本 英司

マーケター坂本 英司

こんにちは。坂本です。

最近一段と訪日外国人が増えたなぁという印象を御持ちの方も多いのではないでしょうか。

調べてみますと、政府主導インバウンド対策(美しい国ニッポン)を契機に
2015年に訪日外国人目標1,900万人を実現できたことで、
政府は2020年までに訪日外国人数目標を4,000万人に上方修正して各種施策を講じているとの事です。
(元々2020年訪日外国人目標は2,000万人)

そんな観光客が来日した際の不満で最上位(40%)に来るのが、
「現金決済しかできない」という事が挙げられるそうです。

政府は対策として「キャッシュレスビジョン2018」に於いて、
2027年までに40%のキャッシュレスサービス経済比率達成、
将来的には80%を目指す事が発表しています。
※2015年現在では下記の通り日本は18.4%と世界的に見て普及が遅れています。


そのような背景もあって、最近ではキャッシュレスサービスが乱立状態にあります。
キャッシュレスサービスは大きく以下の3つに括れると思います。

①クレジットカード系
JCB、VISA、NICOS、MASTER、OMC、セゾン、LIFE、UFJ等

②電子マネー系
nanaco、SUICA、PASMO、WAON等

③QR決済端末系
PAYPAY、ORIGAMIPAY、アップルPAY、AMAZONPAY、楽天PAY、dポイント

③QR決済の登場で、旧来の高額商品は①クレジットカード決済
 少額商品(日常品、買回品)案件は②電子マネー系と、
 棲み分け出来ていた生態が、新勢力の出現でシェア獲得に向けて戦国時代の様相を呈してきました。

そしてご存知の通り、各社大々的にプロモーション展開を行っています。
(主にはユーザー獲得施策)

  • PAYPAY・・・100億円キャンペーン
  • LINEPAY・・・20%還元(ファミマ限定)
  • dポイント・・・スーパーチャンスポイント50倍
  • 楽天PAY・・・最大800ポイントプレゼント


ユーザーを増やすためには使用できる場所も増やさなければなりません。
店舗のレジ横争奪戦が展開されるでしょう。

この中のどこが残るのか、それとも共存するのか(マルチ端末複合処理)興味深いですね。
皆さんはいずれかに決め打ちして導入されますか?
それとも様々な端末を処理できる複合端末を導入しますか?
一定の方向感でるまで静観しますか?

決済手段が多種になり、且つ楽になれば消費者の購買阻害要因軽減につながるでしょう。
QRを読み取るだけで決済が済めば、この人材難の時代に工数削減にもつながります。
時流を読み、向き合う力が求められそうです。

こちらの件は引き続き注視して、改めてレポートさせて頂きます。

最後までにお読み頂きありがとうございます。

SNS SHARE