新型コロナウイルス感染症拡大×今を生きる飲食店の取り組み

ローカルコラム

2020.04.07

古川 悠作

マーケター古川 悠作

こんにちは、古川です。

先ずは、新型コロナウイルス(COVID-19)被害に遭われた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

日本政府、首都圏など7都府県で7日に緊急事態宣言へ 新型コロナウイルス

新型コロナウイルスの感染者が首都圏などで急増するなか、日本の安倍晋三首相は6日夕、東京など7都府県に1カ月程度の緊急事態宣言を7日にも発出すると発表しました。さらに困窮する事業や家庭への救済として、国内総生産(GDP)の2割にあたる総額108兆円規模の緊急経済対策を実施すると話されていました。日本では東京を中心に3月末から、感染者の急増が続いています。

安倍首相によると、緊急事態宣言の対象区域は、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県となり、約1カ月続く見通しだそうです。

飲食店のいま

こういった中で、自分が担当させていただいている静岡、東京、名古屋エリアの飲食店さまからお話を聞いたり、他から情報をお聞きすると新型コロナウイル感染症の影響は大きくまた厳しく深刻な状態だと実感します。

中には、今回の影響でお店が閉店に追いやられ、泣く泣く、お店を手放すことになってしまったお客さまもいれば、政府の緊急事態宣言を前に休業を決断し一定期間お店をお休みするお客様や営業時間を短縮し、昼のみor夜のみの営業に変更して、テイクアウトやデリバリーサービスを始めたお客様もいらっしゃって、飲食店さまによって対応はさまざまです。

ただ、どの飲食店さまもオーナーさまにも共通していることは、お客さま、また家族であるスタッフの健康、安全の確保を第一に考え、そして非常事態である今だからこそ、飲食店さまとして一人でも多くのお客さまに安心して食事をしていただけるように、それぞれができることを毎日考えながら試行錯誤しながら取り組んでいらっしゃいます。

そして、いつの日かまたお客さまが笑って楽しく食事をしたり、お酒が飲みながら会話を楽しんだりする時間が訪れることを皆が一生懸命に祈っています。そして自分も自分だからできることや日々一緒に考えながら、周りの人にも声を掛け、形に捕らわれずに、いろいろな取り組みにチャレンジしていきたいと思います。

ここで、静岡県内の飲食店様の新型コロナウイルス感染症に対しての取り組みを一部紹介いたします。 飲食店を運営されている方や周りに飲食店に関わっている方がいらっしゃったら是非、ご共有をお願いいたします。

●テイクアウト浜松

●お店ごはんで幸せを@しぞーかぐるめ

●ふくろいごはん

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

SNS SHARE