あなたは「注文住宅」派?それとも「戸建住宅」派?

ローカルコラム

2020.05.19

朝香 和直

マーケター朝香 和直

こんにちは、朝香です。

ハウスメーカー・住宅工務店さまと仕事をさせていただくことの多い私ですが、先日友人と「戸建住宅と注文住宅」のどちらを購入すべきか?といった話になりました。

プロモーションにおいても全く反応の出方が異なる案件同士なのですが、私は「戸建住宅派」、友人は「注文住宅派」と意見が分かれました。

住宅会社さまにおいて、ペルソナを設定する際の参考になればと、今回の記事ではそれぞれの住宅に対してどんなことが求めているかを書かてみようと思います。

「戸建住宅」がいい理由

①既に建物ができあがっている
・商談を繰り返し実施する手間が省ける
・できあがりが違うなどのリスクが少ない

②入居までの時間がスムーズ
・注文であれば半年間、戸建であれば最短1ヶ月での入居が可能
・土地探し、建物探しと情報収集に時間をかけずにすむ

③注文住宅よりも若干コストを下げられる
・月々の支払費用を抑えられる
・総額の費用が予め決まっているためわかりやすい

「注文住宅」がいい理由

①自分の意志を尊重できる
・間取りや家具など自分のこだわりを形にできる
・自分で作った家という満足感、納得感がある

②建築過程、進捗を自分の目で確認できる
・基礎工事の段階から順を追って確認できる
・万が一があった際にも的確なやりとりを施工業者と行える

③将来的な環境の変化を考慮できる
・子供が巣立った後、両親と同居になったなど、未来への備えができる
・リフォームを前提とした設計での建築も可能


当然のように戸建ては「価格」や「早さ」、注文住宅は「デザイン性」や自身の手でつくれる「安心感」などの理由から 選んでいる傾向が高いといえます。

では次に選ばない理由を挙げてみようと思います。

「戸建住宅」を選ばない理由

・独自性がない
・ああしておけば良かった、こうしておけば良かったと後で後悔しそう
・途中で家のデザインや間取りに飽きてしまいそう
・問題があった時、原因の特定に時間がかかる又は自身の目で見ていないから良し悪しの判断ができない
・環境の変化に対して柔軟な対応ができなそう

「注文住宅」を選ばない理由

・独自性を言い出したら予算がいくらあっても足りなくなりそう
・理解してもらえるスタッフや会社と出会うまで時間がかかりそう
・こだわってつくっても、将来的に飽きてしまったら戸建てと同じ
・「100%の満足」はありえなそう
・家が建つまでの間に「やっぱりこうしたい」が発生しそう


何となくですが、戸建を希望する私の性格は、
・こだわりが強い
・飽き性
・早く入居したい、せっかち
・新しいもの好き
…と、あまりいい性格とは言えないかもしれません。

一方で友人の性格は、
・長い目で物事を見る
・ある程度のこだわりで満足、納得できる
・利便性を優先する
・柔軟な対応やサービスを求める
などが挙げられます。

ハウスメーカー・工務店さまが成約したい、または自社の顧客の中でどちらの性格が自社のサービス、建物に合いそうですか?

こうしたユーザーの趣味趣向を見るだけでなく、性格なども見ていくことで、営業さんの対応の仕方にも変化をもたらせることができるのではないでしょうか。

今回はあくまで「注文住宅」と「戸建住宅」といった選択肢でしたが、自社で売っていきたい商品やサービスにおいて、こうした時期だからこそ、ターゲットを細分化してみる作業をしてみるのもいいかもしれません。

最後までご覧いただきありがとうございました。

SNS SHARE