高速道路の渋滞解消策を考えてみた。

ローカルコラム

2019.09.01

朝香 和直

マーケター朝香 和直

こんにちは朝香です。

お盆休みから2週間ほど経過し、皆さまはどう過ごされましたか?
私は体調を崩してしまい、、、連日の渋滞や台風をニュースを見ながら家で過ごしていました。

今年の夏休みは国内旅行が▲0.2%、海外旅行が+3.5%となっており、海外へ旅行に行く方が多かったそうです。
※平均費用については国内国外共に+となっているそうです。


※出典元:株式会社JTB

観光地の熱海に住んでいるせいか、長期の休みになると家の近くにいても巻き込まれるモノ。
そう、渋滞です。観光地は否が応でも渋滞に巻き込まれます。これが非常にストレスです。。。

なので今回はどのようすれば渋滞が緩和するかを勝手に考えてみました。

出かけたくない理由
 → 渋滞に巻き込まれたくない

私の考える渋滞緩和策

・例)高速道路は時間ごとに料金を変える

例)静岡→長野 ¥8.620(通常料金)

深夜0:00~朝5:00 20%OFF(¥6.896)
朝5:00~8:00 10%OFF(¥7.758)
8:00~15:00 20%増(¥10.344)
15:00~18:00 10%増(¥9.482)
18:00~22:00 通常料金(¥8.620)
22:00~0:00 10%OFF(¥7.758)

渋滞予測も参考にしながら料金や時間帯を検討する必要があると思います。

とは言え、ただ値上げをするだけでは旅行に行く方が減ると同時に、観光収益を貴重な財源としている地域からは絶対に反発の声があると思いますので、値上げの時間に高速道路を利用したグループには到着地限定で使用できるクーポンをプレゼントして付加価値をつけてみるのも1つだと思います。
地域での消費にもしっかり還元するといったサービスです。

シーズンごとにホテルの料金は上がったり下がったりするのに、どうして交通インフラの料金はいつも同じなのかと考えていました。クリアしなければならない問題は多いですが、宿泊施設で導入されていることからヒントを得れば実現できないものなのかなぁと考えてしまいます。

●導入メリット
・時間帯によっては緩和される…かもしれない
・区間の短い移動であれば通常同様の移動時間で出かけることができるため、
 目的地が近くであれば、旅行外出の需要喚起となる

●導入デメリット
・時間帯にバラつきが生まれ時間帯によってはより渋滞がひどくなる…かもしれない
・夜間の移動が増える事で事故の可能性が増える
・24時間空いているGSやSA,コンビニが増えなければならない

実現にはほど遠いかもしれませんが、世の中にある不便な事をあきらめず、どうすれば改善できるかを考えアイデアを出していきたいと思っています。

最後までお読み頂きありがとうございました。

Photo by Roshni Sidapara on Unsplash

SNS SHARE